腰痛のお話

腰痛のマネジメント

★座位姿勢と中腰は椎間板への大きな負担と
    なり、腰痛を悪化させます

1. 長時間座りつづける事は禁止(特にコンピュ
    ーター関連の方)

2. 長時間のドライブは要注意です

3. あぐら・横座りは禁止です

4. 中腰を避けて下さい

5. 痛みの強い時は横向きで膝をまげた姿勢が
    楽です

6. 痛みが柔らいできたら散歩・水泳・腰痛体操
    をしましょう

 

★椅子はしっかりとした背もたれのあるものを
   選んで下さい

1. 背もたれに背中をしっかりつけて座って下さ
    い

 2. しっくりいかない時は、背もたれとの間に
    クッション等を入れてください

Q 腰椎椎間板ヘルニアや頚椎椎間板ヘルニアは手術が必要ですか?

A 院長がアメリカでレジデントをしていた頃は、腰椎椎間板ヘルニアは早期に手術したほうが良いとされていました。しかし、現在では腰椎椎間板ヘルニアに対して、早期に受診し、的確な治療と患者さん教育/リハビリを行えば、手術は99%の症例で不要となっています。それは、腰椎椎間板ヘルニアの脱出(悪化)と縮小(改善)のメカニズムが判明したからです。
頚椎椎間板ヘルニアも、当院での指導に従っていただければ、ほとんどの症例で手術を要することはありません。(巨大脱失ヘルニアで神経症状が重篤な場合などを除きます)